第14回宝塚映画祭

姿三四郎

姿三四郎

©1965 TOHO CO.,LTD.

吹田~宝塚~西宮~三田で明治の青春群像を撮影

明治初期の青春ドラマを阪神間で再現した。三田学園や武庫川でロケ。白水峡では石灰を大量に撒いて〝雪山〟にし、雪中の決闘シーンを撮影。雪崩まで起こさせた。撮影現場は撮影後数年間、真っ白だったという。このフィルムを宝塚映画製作所のスタジオで見たプロデューサーの黒沢明は「俺よりすごい。誰や、こんなオープンセットを組んだのは」。後年、黒澤監督が「トラ・トラ・トラ!」の撮影に近藤さんを招くきっかけとなった。

制作
1965年/宝塚映画
フィルム
カラー
制作、脚本
黒澤明
監督
内川清一
出演
加山雄三、三船敏郎、山崎努、志村喬

「姿三四郎」シネトーク・セッション

カメラと美術が醸し出すリアリズム 〜田邊皓一さん(元宝塚映画撮影監督)✕石田寿昭さん(元宝塚映画撮影監督)

カメラと美術が創りだす現実感という名の偽物について。当時の近藤氏を知る2人の宝塚映画OBが振り返ります。

日時:11/11(月) 10:00回終了後
料金:同上映回の料金に含まれます

出演者プロフィール

  • 田邊皓一さん(元宝塚映画撮影監督)
    1956年東宝入社のカメラマン。東宝時代は黒澤明の「隠し砦の七悪人」に参加し、59年から宝塚映画。宝塚で日本を代表する撮影監督の一人、岡崎宏三に師事し、川島雄三や小津安二郎の作品に関わった。
  • 石田寿昭さん(元宝塚映画撮影監督)
    1959年、入社。撮影部で活躍し、「姿三四郎」ではセカンドカメラマンとして携わった。同世代の加山雄三と仲が良く、その日の撮影が終わると宝塚ホテルや神戸・三宮へよく飲みに行った。